ひろゆき youtube まとめサイト

政治|論破|2ch|つみたてNISA|投資信託|株|初心者|お金|生き方|会社員|Youtube

ひろゆき氏、シャネル炎上に言及「コムドット凄い」

「コムドット」のやまと、ゆうた、あむぎりが、ファッション誌「VOGUE GIRL JAPAN」で公開されたシャネルの香水「チャンス」とのタイアップ記事に登場。同ブランドのPRを兼ねたインタビューに「ちょっとイメージ違くない?」「度々ネットで炎上してる人をハイブランドに使わないで欲しい」などと一部から批判的な意見が上がっていた。

 

ひろゆきはこれに対して「普段は全く気にしない人たちが“コムドットがシャネルのモデルやってる”というだけで話題になるのだからコムドット凄い」とコメント。

 

みんなの反応

「別に凄いとは思わないな。コムドット起用は苦肉の策だったんじゃないかと。
過去に炎上経験ありの方達をわざわざ起用するなんて、かなりの冒険だと思います。若年層に人気があるのか、登録者数は確かに凄い数。話題性にはピッタリなのかもしれないけど、シャネルのイメージではないですね。
香水って元々日本人には必需品ではないし、マスク着用で購買意欲も下がって、売り上げも伸び悩んでいるんでしょうね。
そんな意味で、彼らの起用は当たって砕けろ的な感じだったんじゃないかなと思ってます。」

 

「買う買わないの問題ではない気がします。
ブランドで重要なのはそのブランドに対するイメージかと思いますが、コムドットを採用することでそのイメージが損なわれるのであれば、コムドットを支持する層が購入して一時的に売り上げが上がったとしても、それまでシャネルを購入していた層に見限られてしまえば長期的には売り上げは下がりますよね。
シャネルを支持する層とコムドットを支持する層の接点がほとんど見いだせませんし、シャネルを支持している人からしたらyoutuberを起用するブランドにプラスの感情は抱きにくいのかなと思います。」

 

「若い子に「シャネル」というブランドを意識させるためのコムドットの起用だと思えばいいのかもしれないし、対象の香水はファンの間で売れるかもしれないけれど、その中から将来のシャネルの顧客となり得る人がどのくらい残るのかな。何となく一発屋的な感じで終わってしまいそうだけど、だからこそブランド本体のイメージにはあまり影響しないですむのかも。」

 

「なんかTwitterかどこかのSNSでみかけましたが「シャネルは好きだけどコムドットが広告になるなら買うのやめようかな」とか「コムドットがシャネルの広告?ドン・キホーテかと思った」とか
なぜ起用されたのか私も分かりませんし、若者人気を狙ったのかなと勝手に推測してますが、シャネルの香水ってかなりハイブランドなイメージもあるし、なんか逆張りしてるなあって感じました
使用感としては個人的にはDiorのほうが好きなんですけど、使い分けでシャネルとやってましたがこれが続くならDior一択にするかもしれません

まあ個人的感想ですし、広告塔に好き嫌いはあるので他の人がいいというならいいんでしょうけどね」

 

「確かに話題にはなったけど、シャネルとしての価値はどうなんだろうという疑問があります。
普段シャネルを買わなかったり、興味がない人でも、高級ブランドであることは知っているだろうし、自分には無縁のブランドという認識しかないかもしれない。売上が悪いから、人気者を起用しようという趣旨だったかもしれないが、これまで興味を持たなかった人がこれを見て買うでしょうか?」

 

「別の記事のコメントにあった、日頃シャネルの香水を愛用してる方の
「彼等は悪くない。でも彼らと同じ匂いを付けたいかといわれると、今後購入は控えると思う」みたいなコメントを見て、シャネル、コムドット両方のファンにとって不幸でしかないな、と思う。
シャネルファンにとっては彼らのイメージ広告の匂いなんて当然嫌だと思うだろうし、各方面からぶっ叩かれるコムドットファンの子達も可哀そうだし。
失礼ながら「しまむら」のロゴつけたらしっくりくるなと思ってしまった。」

 

「いや「“コムドットだから買わない”と言う層は、シャネルもお客さんとして見てないという事だろうし」って言うなら、そもそも「香水のブランドのモデルを誰がやってるか?というのを普段は全く気にしない人たちが“コムドットがシャネルのモデルやってる”というだけで話題になる」の意味がなくなるのでは?
話題になったのは「シャネルを買わない」層の間なんだから。
結局シャネルを買う層はそもそもモデルを気にしないし、買わない層から新規客を創出するのにも失敗してるしで結局失敗なのでは」

 

「ブランドとして新しい購買層を取り入れようという狙いは良いと思う。
でもコムドットの視聴者層って中高生ぐらいやと思うし
そんなにおいそれとシャネルに手を出せないと思う。」

 

 

ひろゆき関連書籍】

 

ひろゆき流 ずるい問題解決の技術 単行本(西村ひろゆき 著)

1%の努力(西村ひろゆき 著)

がんばらない勇気 (宝島SUGOI文庫)

だんな様はひろゆき (ソノラマ+コミックス)西村ゆか 著